Halloween

 

 2000前にケルト国では、ケルト族が11月1日に新年のお祝いをしていました。この日は、人間の生死に関係している夏の収穫期の終わりと冬の始まりの日です。10月31日は、死んでいる人と生きている人が一緒にいる日です。10月31日に、 サムハインと呼ばれるお祭りが祝われていました。そして、その日に死者の幽霊は地上に戻りました。幽霊は農作物を破壊して、そしていたずらをします。ケルト人達は、ドルイド僧が予言をすることで、それらの霊がより静まっていくと信じていました。ケルト人達にとっては、冬の間に何が起こるかの予言は、重要なものでした。

 ケルト人達は動物の頭や皮を身に付け、お互いの将来について話そうとしました。お祭りが終わった時、彼らは神聖な火で、その冬の間暖まるための暖炉に火をともしました。

西暦43年までに、ローマ人はケルト人の国の大部分を攻略していました。2つのローマ人の慣習が、伝統的なケルト人のサムハインのお祭りと一緒になっていきます。

1つは、フェラリア。ローマ人が死者の通過を祝った10月下旬の日です。そして、2つ目はローマ人にとってのフルーツの神、ポーモーナです。

西暦800年代までには、ローマカトリックの宣教師達は、ケルト人達を改宗させていました。600年代、ポープ・ベニフェス4世は、11月1日をオール・セインツ・デイとしました。マトリスとローマカトリックの聖人に名誉をあたえる日です。今日では、ボニフェイスが宗教的な休日として、よく似ているカトリックの祭りを置き換えたと考えられています。この祝日は、オール・ハローズ・イブとか、最終的にはハロウィーンと呼ばれる前には、オール・ハローズとか、オール・ハローマス、サムハインとして知られていたのです。


Text, html, background, banner: Connor D., Buttons & Links: Matt B., Julian Middle School
翻訳;清水彩名 垂井町立北中学校

Source 出典:
"Ancient Origins." The History Channel. The History Channel. Jan.-Feb. 2006 <http://www.historychannel.com/exhibits/halloween/?page=origins>.

site home
origins
illustration
today