敬老感謝の日  

敬老の日
9月第3月曜日(2002年以前は9月15日)
 長い間、社会の為にがんばってきた高齢者を感謝し、長寿を祝うとともに、高齢者の福祉について関心を深め、高齢者の生活を良くしようという気持ちが込められています。

 この日は、地域の高齢者を慰めて励ます行事や、高齢者に対し周囲の人たちの「敬老」に感謝する行事が行われ、家庭でも祖母や祖父が感謝されます

敬老の日の由来
 今の敬老の日の由来は、1947年、兵庫県多可郡野間谷村(現在の八千代町)の門脇政夫村長が提唱した「としよりの日」が始まりとされています。
 当時、村では「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」という目的のもと、1947年から農閑期に当り気候も良い9月の15日を「としよりの日」と決め、敬老会を開くようになりました。
 これが1950年からは兵庫県全体で行われるようになり、1954年には国民の祝日として制定され、全国で祝うようになりました。しかし、「としより」という呼び方はどうにかならないか、ということでいろいろなところから異議があり、「老人の日」にいったん改名されました。
 やがて「国民の祝日法」が改正されることとなった1966年、「建国記念の日」「体育の日」と共に国民の祝日と制定されたときに、現在の「敬老の日」と名称が改められました。
 なお、起源としての諸説には、聖徳太子が現在の大阪市に悲田院(ひでんいん)という身よりのない老人や病人、貧しい人たち救うための施設を開いた日にちなんで制定されたという説や、もしくは元正天皇が717年に年号を「養老」とし、養老の滝に御幸した日、または高齢者に贈りものをした日であるという説があります。ただ、どれも確かめられているわけではありません。

9月第3月曜日(2002年より前は9月15日)
 2001年の祝日法改正(ハッピーマンデー制度の適用)により移動祝日となった。
敬老の日とは
 国民の祝日ひとつで、国民の祝日に関する法律(祝日法)では「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」日、と定まっています


 そもそも老人と言うのは大体何歳以上か?という意識調査が行われていますが1993年の調査では「70歳以上」という意見が57%だったそうです。
日本の平均寿命は80歳くらいです。

参考文献

敬老の日のの由来 http://www.little-flower.jp/page_service/respect_aged_day.html
那覇市立教研究所 http://www.nahaken-okn.ed.jp/naha-c/index.html