お盆とは、自分の先祖を祭る期間のことを言います。その期間に先祖を成仏します。だいたいの地域では、八月十三日から八月十六日までです。
 
 まず十三日は迎え盆といいます。まず一般的には午前中に、家族そろってお墓参りにいきます。 14日~15日は、もう一度お墓参りに行きます。
そして、宗教・宗派に関係なく、親族や親しい人たちを家に招いて、一緒に食事をします。そしてその日に僧侶を迎えて、読経をしていたくそうです。
 
 十六日、「送り盆」は、お盆の明けです。御霊は、午前中まで我が家に居るので、お供え物をします。そして、送り火をたきます。(送り火の習慣のある場合。)
「来年もお会いしましょう」という気持ちを込めて送ります。
大橋将司
お盆について