ゴールデンウィークの語源と由来

 1951年5月5日「自由学校」という映画を、松竹と大映という2つの映画会社が競って封切りしたところ、正月やお盆興行よりヒットしたのをきっかけに、多くの人に映画を見てもらおうと、当時、大映の専務だった松山英夫という人が作った造語で、和製英語です。
 当初は「黄金週間」と漢字で呼ばれていたが、インパクトに欠けるため、ゴールデンウィークとなりました。

ゴールデンウィークの期間

 年によって違いがあり、普通は4月29日から5月5日の期間になることが多いですが直前か直後に土曜日、日曜日がある場合、長くなることがあります。
4月29日・みどりの日
5月3日・憲法記念日
5月4日・国民の休日
5月5日・こどもの日(国民の祝日)

ゴールデンウィーク